ディオーネの施術で痛かったという人が見当たらない

ディオーネで行われている脱毛は従来の方法と根本的に異なります。高い熱を与えることで毛根にある再生組織にダメージを与えて再生をストップさせるような方法では刺激を感じやすく痛みを感じやすいといわれていますので痛みに弱い人にとっては躊躇してしまいますが、ディオーネのハイパースキン脱毛はムダ毛が生えていない毛穴に照射を行ってこれから生えてくる毛の種に対してアプローチを行います。従来の光脱毛のように60度から80度の高温の熱で焼くようなことはせず、36度から38度という低温の照射ですので痛みがないというのが大きな特徴です。

肌にも優しい方法であり、今まで他の方法では施術を受けることができなかったような人でも受けられる可能性があります。特にアトピーなどの肌トラブルを抱えている人は施術を受けられないケースが多いのですが、その場合でも受けられるかもしれません。

痛みが無いことが代名詞のようにもなっているハイパースキン脱毛ですが、実際に受けてみた人の感想を調べてみるとやはり痛かったと感じている人が見当たりませんでした。つまり、誰も痛かったと感じていない方法ということですので、痛みが恐くて施術を受けることができないと感じている人の最後の砦になるかもしれません。脱毛の施術には痛みが伴うというのがそれまでの常識でしたが、ディオーネのハイパースキン脱毛は見事にその常識を覆しており、VIO脱毛でも痛みがないようです。